元外資系金融OLが綴る♪英語よもやま話


by lohas_k
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

albeit、発音できますか?

書きたいことはいろいろあってもなかなか更新しないのが私の悪い癖(^^;)
ツイッター程度の長さでも、思いついたら気軽に更新しようと思います。。。

そこで、今日は、ちょっと珍しい単語をご紹介。
"albeit" 読めますか?

アルバイトと読みたい衝動に駆られますが、正解の発音は全然違います。

正解はこちら→albeit
(スピーカーマークか、アメリカorイギリスの国旗をクリックして下さい。)
※5回は繰り返して、発音してみるのがポイント。


さて、発音はわかっても、「どんなときに使うのよ?」と思いますよね。

意味は実はおなじみの although と同じです。 なので、外国人の私達は
あえて使わなくても although で済んでしまいます。
ですが、たまーに、ネイティブの書いた文章に書いてありますので、
意味を知っておくと損はない単語です。

"albeit" は、文頭ではなく、挿入句として使ったり、後づけで「~だけれども。」
てな感じで使われます。

例文 
<嫌々ながらではあるが・・・の場合>
The United States finally agreed, albeit unwillingly, to support
the UN action.


She agreed to their conditions, albeit unwillingly.

うーむ。確かに、althoughより、かっこいいですねー。


気がつけば、やはり、ツイッターの文章量ではなかった。。。
伝えたいことが盛り沢山の私には、つぶやきって。。。むかない。。。026.gif
by lohas_k | 2011-09-09 20:37 | 伝わる英語のコツ