元外資系金融OLが綴る♪英語よもやま話


by lohas_k
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2011年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

TOEICのリーディング対策

長文、リーディング、英文解釈・・・こういう響きを聞くと
「嫌だなー。」「どうも頭に入らなくて苦手なんです。」
と言う方が多いようです。

こういう方におすすめなのがTOEICのリーディングセクションです。
TOEICのリーディングで出題される文章は、いわゆる受験英語的な
問題集で見かける長文や、英検などの資格試験の長文と比較すると
遥かに簡単です。

理由は大きく分けて2つ。

その1. 文章が短い。
長文と呼べるような長さがあるものはほとんどないので、
苦手意識を持ちながらでも読み続けられる範囲の量です。

その2. 問題が比較的簡単。
ひっかけ的な出題はありますが、類義語で置き換えて混乱させる程度
なので、本文の理解が浅くても勘の範囲で正答できたりもします。

では、点が伸びない場合の理由としては何が考えられるかというと
3つ考えられます。

その1. 語彙力不足
文章の理解度を大きく左右するのはやはり語彙力です。
複雑な英文解釈で出題されるレベルは必要なくても、最低限知らないと
解けないという範囲の必須レベルは、やはりあります。

034.gif「良く出る」的な単語集を持ち歩くのも良いですが、
できれば語彙力は文章(リーディングのサンプル問題)を読みながら、
自然につけていただきたいです。

まずは①日本語訳を読んで、それから②英文を読んで、その後分からなかった
単語に③ラインを引いて英文に直接意味を書き込んでいく、というやり方であれば
負担なく、語彙力を増強できると思います。
ポイントは、とにかく量をこなすことです。丁寧に作業を進めるあまり、
1つやったらぐったりでは効果が低いです。
最低でも一日に2つはサンプル問題をやってみましょう。

その2. 訓練不足
TOEICは慣れが得点を大きく左右します。
過去問を一つでも大きく解くことが大切です。
一気に沢山の問題を解くことが負担であれば、タイマーを使って
せめて5分は集中して解いてみましょう。
ある程度のスピード感と緊張感を持って実戦的トレーニングを多く行えば
結果に反映されてきます。

その3. コツにこだわりすぎ
慣れることは重要ですが、やるべき努力を省いてはいけません。
どうやったら早く高得点が狙えるかなどとノウハウ本を読みあさると結局
悪循環になります。

何か事情があって、どうしても短期間で得点をあげなければならない
場合は、戦略的な得点アップ対策も必要かもしれませんが、本来は
本文の意味が分かっているかを確認するための問題文です。
先に問題文を読んでから、必要な箇所だけ本文を読むような
つまみ食い読みは、スムーズな読解力の成長を妨げるので長い目で
見てあまりおすすめできません。

結局、TOEICのリーディング対策は、コツに頼らず、サンプル問題を
一つでも多く解くことではないでしょうか。

余力があれば、雑誌や、海外ニュースなどでビジネスの背景知識と
イメージも養っていただければ万全です058.gif

せっかく英語の勉強をするのならば、一生ものの実力につながる方法
で一歩ずつ前進したいですよね001.gif056.gif



ひとりでは登れそうもない山だけど、誰かが一緒に登ってくれるなら・・・
と思っていらっしゃったら、是非お気軽に
Lohas_kの英語スクールまでお問い合わせ下さい。058.gif


by lohas_k | 2011-03-03 21:23 | TOEIC講座