元外資系金融OLが綴る♪英語よもやま話


by lohas_k
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2011年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

「スピーチコンテスト」、
英語が好きという方ならば、なんとなく気になる響きではないでしょうか。

学生時代に英語の先生から声をかけられて、
一生懸命暗記して、練習して、時間は費やしたけど、努力の甲斐なく敗退。
今ではすっかり苦い思い出に・・・。

なんて方も多いのではないでしょうか。

私も遠ーい昔のことですが、16歳の時に一度スピーチコンテストに参加しました。
ガッツで練習して挑んだわりには、審査員の先生方に全く評価してもらえず、
悔し涙を流したことを覚えています。

あれから○十年、夏のある日に「大人のためのスピーチコンテスト」のお知らせが
郵便受けに届いた日に一念発起!
「よし、リベンジだ!!!」とロッキーのスタローン(古くてすみません)なみに奮起して
頑張りました(注:筋トレはしていません)。

それから数ヵ月が過ぎて・・・。

本日、なんと最優秀の評価をいただきました!

あのとき流した涙に負けず、
英語の勉強を何十年も続けて良かった072.gif043.gifと感慨無量の一日になりました。

大人になった今分かるのは、「スピーチは、勝つためでなく伝えるためにするんだ。」
ということです。今回は、伝えたいことがあったから、心をこめて頑張れました。

コンテストが終わった後に、他の参加者の皆さんとファミレスで歓談の時間を持てた
ことも今日の大きな喜びになりました。
英語の勉強を続けるためには、同じ目的を持つ仲間を持つことも大切ですね。

「大人のためのスピーチコンテスト」は今後も毎年開催されるようです。

テストのスコアも大事ですが、英語で発表するという機会は特別なものです。
スピーチコンテスト、一度はチャレンジ!おすすめします。

f0229711_19253973.jpg

私の本日のスピーチの本文はMoreにてどうぞ040.gif。。。

More
by lohas_k | 2011-11-19 20:32 | 伝わる英語のコツ