元外資系金融OLが綴る♪英語よもやま話


by lohas_k
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

台湾の結婚式

数年前のことになりますが・・・

台湾人の男性と電撃結婚をした友達の結婚式に出席するため台湾に行きました。

おそらく、最初で最後の台湾式の結婚式の想い出になると思いますが、カルチャーショック満載の楽しい体験でした。

さて、私が驚いたこととは・・・

その1 Welcomeボードの横に飾られた、アイドルの写真集並みの新郎新婦のアルバム
(さらに出席者全員にブロマイドのお土産つき!)
台湾では新郎新婦は変身写真館で撮影するのが普通だそうです。

その2 「さっきまで農作業してました?」と聞きたくなるくらいにものすごーくラフなスタイルの参加者
おめかししていたのは日本人のテーブルと、新郎新婦の家族だけでした。

その3 やたらに多い空席のテーブル
台湾ではとにかく大勢を招待するんですが、出欠を聞くのは失礼だからと確認はしない。
なので当日まで何人出席するか分からないので食事は多めに用意するんだそうです。

その4 料理のお持ち帰り用の容器がなぜか手提げつきの白いビニール袋
これが一番驚きました。だって、「お持ち帰りしますか?」と聞かれたのは、大きな目で睨みをきかしたカラフルな熱帯魚がドカンと入った鍋だったからです・・・

そもそも食べ方が分からないから、我々日本人テーブルの熱帯魚鍋は手つかずだったんですが、出されたお持ち帰り用のビニール袋を前に茫然としていると、「なんだ、食べないのか?」「日本人はもったいないことするなぁー。」と周りのテーブルからラフな出席者が大集合。慣れた手つきで鍋からビニール袋の中に料理をうつし、「わるいねー。」といった感じのスマイルを残してササッと立ち去って行かれました。

熱帯魚鍋は超高級料理だったようです^^

と、前置きがかなり長くなりましたが、
今回の使える英語表現のお題は「お持ち帰り」です^^


【レストランにて】

もう、食べないの?
Are you finished?

うん。お腹いっぱいだから。
Yeah, I'm full. I can't eat any more.

お持ち帰りする?
Do you want to take this home?

うん。
Sure.

-ウェイターを呼ぶ-
Excuse me.

お持ち帰りしたいんですけど。
We'd like to take this home.



Are you finished (with that)?
Do you want to take this home?
ウェイターorウェイトレスさんに聞かれることも多いですね。

ちなみに、海外のレストランでは「お持ち帰り」はよくあることですが、普通は携帯用の容器に入った上で、手提げのビニールに入って来ます^^
# by lohas_k | 2011-02-17 18:51 | 海外でハプニング
少しずつ書き進めてきた10ヵ条の記事も、今回でやっと最終回になりました。

最終回のテーマは、英語の上達のために最も大切なこと、
つまり「挫折しないための工夫」です。

何か新しいことに挑戦しようとするとき、最大の壁となるのはなんでしょう。
乗り越えなければならない多くの高いハードルでしょうか。

実は、意外にも手強いのは「もう、いいよ。途中でやめようよ。」と
あの手この手でささやく自分の心の声ではないでしょうか。

人間というのは不思議なもので、前向きな自分と同じくらい
(あるいはそれ以上に)後ろ向きな自分も抱えているものですよね。

「よし、明日から頑張るぞ!」と思ったのに

「こんなこと続けても効果がないからやめた。」

「時間がとれなくなったからやめた。」

「ずいぶん間があいちゃったから、もうダメだ。」

「なんだか飽きてきた。」

などなど後ろ向きな自分がすぐに邪魔に入ります。

ではどうすれば、後退エネルギーに対抗できるのか。

その秘密は・・・

できるだけ歩幅を小さくして、少しずつ進むことです。

疲れたら休みながら、とにかく力まず緊張せず、
黙々と歩み続けることです。

一日10ページやろうと、計画して挫折したら、
何ページならば出来たのかと考えて
現実的な無理のない量を見つけます。

そして、少し物足りないくらいの軽い負荷(ノルマ)を決めたら
今度はできるだけ午前中など一日の早めの時間にノルマを
こなすように時間をやりくりします
(その方が残りの一日を気分よく過ごせますから♪)

なれないうちは、一週間の半分でもクリアできたら
良しとしましょう。


完璧主義は、挫折に直結します。自分が決めた計画や理想に
とらわれ過ぎずに、日々の現実とうまく折り合いをつけながら
「遠くの目的地」よりもとりあえずは
「今日の一歩」で満足できる自分になりましょう。

メモ書きでも良いので、日付と何をしたかの記録をつけましょう。

目で見られる軌跡があると、やめたくなったときに
「ここまで来たんだからもう少し続けよう!」と思い直して頑張れます。

「続けられそうな、ほどほどの負荷」と「焦らない心」

この二つを身につけることができれば遅かれ早かれ
ゴールには到達できます。
続けられるちょうどよい負荷に体を慣らすことができれば、
もう半道中は越したようなものかもしれませんね。

未知なることに挑戦するときの最大の壁は
「重すぎる、非現実的な負荷」と「先を急ぐ気持ち」
ではないでしょうか。

英語に限らず、何かやりたいことがあるならば、
とりあえず、やってみましょう。

大切なのはやめないことです。
立ち止まって休むことは必要ですが、前は見続けることです。

小さい一歩でもゼロではありません。
あきらめなかった人が出来るようになる人です。



一歩ずつ、無理のない速度で043.gif進み続けましょう。
疲れたら休むこともお忘れなく063.gif069.gif058.gif

Just keep going at your own speed049.gif
and be sure to get some rest when needed.067.gif




≪英語上達10ヵ条≫一覧は⇒こちら
# by lohas_k | 2011-02-02 19:57 | 英語上達10ヵ条

矛盾するようですが、気楽に英語を使うことと同じくらいに大切なのは
分からないことをそのままにせずに、その都度(直後に!)調べることです。

英語を使う機会が増えると「あー、こういう事、どう言ったらいいんだろう。
なんて書いたらいいんだろう。」という場面に出くわすことも増えます。

そのたびに、納得いくまでいろいろと調べ、自分なりの答えを見つけて書く
(または次回に会話で使ってみる)というプロセスを繰り返していけば
英語力は自然に上達していきます。
034.gifただし、例文が沢山掲載されている良質な辞書を使っていることが前提ですが。

反対に「分からないなぁー。」という気持ちはあるものの、
間違えに対して鈍感になってしまい、
毎回特に調べずに、そのままにしてしまった場合はどうなるでしょう。

気楽に英語を使う度胸はつくとは思いますが、相手に伝わりにくい
(または伝わらない)英語を使う人になってしまうことは明らかですね。

単語であれ、文法であれ、発音であれ、うまく伝えられなかった悔しさは
学習のバネになります。
悔しい気持ちがまだ熱いうちに、きっちり調べて頭に入れた情報は
次回似たような場面に出くわしたときに必ず活きてきます。

正しい英語を身につける目的は、試験で高い点を取るためではなく
外国人である自分が話す言葉、書く言葉に聞く耳をもってもらうための
スタートラインであると思います。

世界で日本語が通じるのは主に日本だけです。
でも、英語はグローバルな言語です。

海外国内を問わず、英語でやりとりする友達を一人はつくりましょう。

「伝えたい。共感したい。」という素直な想いは、独りよがりでない
分かりやすい英語力(表現力)の礎になってくれます。


≪英語上達10ヵ条≫一覧は⇒こちら
# by lohas_k | 2011-01-26 19:07 | 英語上達10ヵ条
語学の上達方法はいろいろありますが、聞くことと同じくらい
重要かつ楽な上達方法は・・・
たくさん読むこと」です。

読むためには、語彙力が必要です。
でも、分からない単語が出てくるたびに立ち止まっていたら・・・
読むことはどんどん苦痛になっていきます。

では分からない単語に出会ったらどうするのか?
とりあえず、無視しましょう043.gif
分かる単語だけをつなげて、読み進めましょう。

新聞記事や試験の長文問題などは比較的短い文章なので
とりあえずは最後まで読んでみて下さい。
一度読み終わったら2回、3回と繰り返して読み返します。

この作業で鍛えているのは・・・推測力と想像力039.gifです。
分かっている単語から取り上げられている話題を推測し、
そこからは意味が分からない単語があっても、自分が知っている常識や
背景知識をフル稼働させて筆者が伝えようとしている内容を想像します。

全文を日本語に変換しようとせずに、
分かる範囲の英語から直接イメージをつなげながら
「つまりこういうことだな。」という、理解の風船をふくらませていきます。

やっぱり分からない・・・と弱気になって辞書に手を伸ばす前に、
「何か少しは分かるはず!」と当たりをつけながら「強気で!」読み進めます。

3回読んでみて、自分なりの理解が出来たら、
今度は単語の意味を調べるかあるいは問題集の全文訳などを見て
正確な意味を確認します。

一文一文の訳を暗記する必要はありません。
自分が気になった単語の意味だけ001.gifを確認します。

文章の中のキーワードはそんなに多くはないので、全体の意味を大きく
左右するような、重要な単語だけをマークします。
こうすることで新しい単語が、単語だけを見ながら丸暗記するよりも、
より身近なものとして頭に刻み込まれます。

こうした、なんとなくでも印象に残っている単語があると、
繰り返し文章の中で出会ったり、リスニングの練習中に耳に残ったり、
テレビで実際に外国人が使っていることに気づいたりするたびに
どんどん印象が強くなっていきます。

そして、これが積み重なると、英語で話したい書きたいと思ったときに、
その「伝えたい思い」とリンクした表現が耳や頭の中にふっと浮かんでくるようになり、
新しい文章や話題に触れたときの理解力も自然と増していくようになります。

反対に、分からない単語に出会うたびに「すぐに調べて027.gifメモしてなんとなくホッとする。」
という体験ばかりを繰り返していると・・・
どんなに正確に単語の意味を暗記しても、この「思い」と「言葉」の回路が育ちません。

調べても頭に残らない008.gif印象の薄い単語ばかりがノートやテキストに増えていけば、
「自分はなんて頭が悪いんだろう・・・。」と落ち込んで英語を見たくなくなりますから
せっかくの努力が無駄になり悪循環に陥ります。

語彙力不足に悩んだら、単語帳を手に取る前に、簡単な内容のものでよいので
英文を読みましょう。

単語帳は、ある程度語彙力が増えてきた後で頭の中を整理するのには有効ですが
丸暗記をするために使うことはあまりおすすめできません。
長い目で見た実力をつけるためには、遠回りになってしまうからです。

簡単な対訳付きの長文で自信がついたら、
今度は洋書(ストーリーが分かっている映画の本など)に挑戦しましょう。

「推測するにも歯が立たない。」と自信をなくしてしまうかもしれません。
「最後まで読んだけど、結局目で追っていただけで内容は全然分からなかった。」
とがっかりするかもしれません。


これ↑大学生だった私が初めての洋書を手にしたときの感想です。
分かりやすい展開のラブストーリーなら良いかと思って洋画のシナリオ本を買いましたが、
半年持ち歩いてバスや電車で読んでも意味が分からず、情けなくて泣きました。
それでも、もう一冊、また一冊と安い洋書を古本屋さんで買って読み続けているうちに
不思議なほどにスラスラと読めるようになりました。



でも、そこでもうひと踏ん張りして、もう一回読み直してみて下さい。
飽きたら別の本を手にしても良いので、洋書に触れ続ける時間を持って下さい。
合間に海外サイトや洋雑誌などに気軽に目を通すのも効果があります。

大切なのは、最初の30ページで挫折しないことです。
最初の30ページを乗り越えることができれば後は慣れです。
登場人物に愛着が湧いてきたらシリーズ物を読んでみたり、
仕事に役立つ専門分野の本もおススメします
(辞書には載っていない意味を概念から直接理解し、語彙力を増強できます)。

こうして何冊か自分にとって身近な内容の本を読み終えたころには、
英文を読むのが速くなり、語彙力も増しているはずです。
特定の単語だけを覚えた場合と違って、背景知識や外国人流の考え方も
身についていますから話をしても弾むというわけです。

次に本屋さんで洋書を見かけたら、あまり難しく考えずにまずは買って見て下さい。

1週間後でも良いので、今度は最初の2ページ位を読んでみて下さい。
少しずつでもページ数を増やして初めの30ページが過ぎ、一冊を読み終わるころには
英語脳がうっすらと出来上がっているはずです。


面白そうな洋書を多読しましょう001.gif

分からなくても、なんとなくの理解でも良いので、
とにかく読み進めましょう001.gif056.gif




≪英語上達10ヵ条≫一覧は⇒こちら
# by lohas_k | 2011-01-22 20:43 | 英語上達10ヵ条

振り出しに戻る

人生いろんなことがありますよね。

試行錯誤の毎日を過ごしていると、進んだつもりだったのに
後戻りしてしまったような現実に直面するときもあります。

今日の一言は、そんなときに使える表現です。
Now I'm back where it all started from.
また振り出しに戻ったよ。

「振り出しに戻る」というと、マイナスなイメージもありますが
「心機一転巻き直し!」的なさりげない前向きパワーを
込めることもできます。道に迷ったときに、とりあえず元の場所まで
戻ってみるときの感じですね

この表現、文章にしなくても、どこか場所を言った後で、カンマで続けることも
できます。こんな感じで↓

I moved back into my parents' house, back where it all started from.

つぶやきめいた一言ですが、ネイティブらしい一言でもあります072.gif
# by lohas_k | 2011-01-08 20:47 | なるほどネイティブ表現
地元の新聞で見つけたお腹の体操の記事。

動画でも見られるというのでチェックしてみました。

丹田たたき

「おーっ!!!」と驚くほどに豪快な音をたてながら
陽気に体を振っていらっしゃるご婦人のお姿。

あまりの幸せオーラに、同じく幸せオーラを放つ
遠方に住む姉にリンクを送りました。

明るい日本、元気な日本のために、ここでもご紹介^^
# by lohas_k | 2010-11-02 20:54 | ロハスな時間

「とりあえず聞き流していたらいつの間にか英語ペラペラに・・・」的な宣伝文句。
最近よく見かけますよね。

私の場合は誰に言われたわけでもないのですが、20年以上前からつい5年位前まで
このスタイルでいろいろな英語を聞きまくりました。

家事をしながら会話のテープを倍速でかけたり、電車の中でヘッドホンで
聞いたり。学生の頃は、映画を丸ごとテープに録音して聞いたりもしてました。

しかし、いろいろやってみた挙句に思ったこと。

それは、「ながら」であっても少しは聞く気持ちがないと結局頭に残らないということ。
例えば、何か考え事をしているときに誰かが近くで話していたとしても、全く覚えて
いないということありませんか?

「聞き流す」というのもそれに近いもので、話されている内容を頭の中でイメージ
するプロセスがないと結局記憶に残らないんです。必要な情報として脳が判断
しないから消えてしまうのかもしれませんね。

惰性で100回聞くよりは、集中して絵的にイメージしながら10回聞いて
その後で、「意味が分かっている内容」を音マネしながらペラペラとリピート
する方がずっと効果的です。

034.gifここでポイントは文字や訳を「見ながら」リピートをしないことです。

訳を見る必要があるときは、見て「なるほど」と思ったらその後は日本語のことは
忘れて英語の音だけに集中して聞きます。

なんどかそうしているうちに聞きとれる単語(音の固まり)が増えてくるので、
そうなってから英語のスクリプトを文字で確認します。

こうすると「聞きとれなかったあそこはこう言ってたんだ。」というような
発見があったりして脳によりクリア072.gifなイメージで焼きつけられます。



英語をマスターするには聞き取る力を鍛えることがとても大切です。
でも、やっぱり「聞き取りたい。」という気持ちで聞かないとダメなんですよね。

海外生活で耳が鍛えられるのは、「聞きとれないと本当にピンチ!008.gif」という状態
の中で毎日英語を聞き続けるからなのでしょう。

お手持ちの教材が「聞き流す」系でしたら参加型の集中スタイルでもう一度
トライして見て下さい。効果が実感できるかもしれません049.gif058.gif



≪英語上達10ヵ条≫一覧は⇒こちら
# by lohas_k | 2010-10-31 20:45 | 英語上達10ヵ条

英語は「頭で覚える」ものではなくて、「体で覚える」ものです。

つまり、上達までのアプローチもガリガリと暗記するよりは、
自転車に乗れるようになったり、泳げるようになったり、
車の運転ができるようになったりするまでのやり方に近いんです。

さて、この3つ。全てとは言わないまでもどれかはできる方がほとんどだと思います。

では、思いだして下さい。

初めは出来なかったのにどうしてできるようになったんでしょう。

自転車や車が動くしくみを勉強したからですか。

人がなぜ浮かぶのか理解してからプールに行ったからですか。

安全のために最低限な基本を頭に入れたら後は・・・
「まぁ、とりあえずやってみるか。」という気分で
転んだり、水を飲んだり、運転の場合はちょっとヒヤッ
とする体験もしながらできるようになったのないでしょうか。

英語も同じです。

「とりあえずやってみよう。」の感覚で体験的に時間数を増やして
身につけていくのが一番です。

覚えなきゃいけないことはもちろんありますが、テキストブックとテストの
世界だけでは、応用がきかなくなってしまいます。

「机に座って、暗記するもの」というイメージからちょっと離れて
副音声で映画やニュースをTVで見たり、英語サイトを読んでみたり
英語圏の人々の日常を想像して体験して見てください。

なんとなくグローバルな感覚とリズムがつかめてくるはずです。

大切なことは、毎日続けること。

そもそも外国語をマスターするということは自分の中に新たに別の
性格ができあがるようなものだそうです。確かに英語を話すときに
頭の中でチャンネルが切り替わる感覚は私も思いあたります。

外国語は母国語とは別の文化と発想の中から生まれてきたもの。

それを身につけることはその言葉を使っている人達のグループに
仲間入りすることでもありますよね。

そのためには母国語を忘れて外国語の世界に没頭する時間は必須です。

「英語圏の人になった自分」を一日10分でもよいので育ててみて下さい。

「体で覚えたことは忘れない。」から励みになりますよね058.gif006.gif



≪英語上達10ヵ条≫一覧は⇒こちら
# by lohas_k | 2010-10-17 20:53 | 英語上達10ヵ条

平和主義 or もめる主義?

ネイティブの友達のメールにあった表現。

I'm not going to rock the boat, but instead use the situation
to my advantage.

事を荒立てないで、現状を有利に活かすよ。

今回私が「へー、そう言うのか。」と思ったのは↓の表現001.gif
rock the boat
波風を立てる、事を荒立てる

確かにボートをぐらぐら揺らされたらたまったもんじゃありませんよね。
ビジュアルにイメージしやすくて、うまい表現だなぁと妙に感心しました。







ところで、これと似ているのが↓の表現。

make a scene
声を立てて騒ぐ

電車(on the train)や飛行機(on the plane)のような逃げられない空間
でこれをやられるとホント参りますよね。

さてこの表現、どんな感じで使われるかというと・・・
A: "Do you want me to make a scene?"
    ここで騒ぎをおこさせたいのか?

B: "Oh so now you're threatening me?"
     今度は脅しですか?

穏やかじゃないですよね~。

でも、この穏やかじゃない会話。
別のネイティブの友人が、実際に飛行機の中でしてきた会話なんです。

嬉しそうに武勇伝を語る彼は上の会話のAさんです!!!
(Bのスチュワーデスさんに同情007.gif)
# by lohas_k | 2010-09-28 13:11 | なるほどネイティブ表現

ずるい人達


人間の思考や行動はそれぞれの成功または失敗体験に基づいていると思うのですが
「嘘をつくと痛い目にあう。」という感覚は幼少期に体で覚えるのが一番な気がします。

私の場合は、小学校低学年のころ、嘘が原因で普段は優しい母に厳しく叱られました。

いつもならば、「ちょっと謝ってゲンコツもらえば許してもらえる。」と子供ながらにずるく
軽く考えていたところが、その時ばかりはエライ目に遭いました。

涙ながらに反省を訴えても、家族に助けを求めても、聞く耳を持たずに
必死で私を蹴り続ける母を見ながら

「今回は本当に本気なんだ。まずいぞ。
嘘をつくとこんなに大変なことになるんだ。」


と心底反省し、近所の悪い仲間(小学生でも居るんです。)と手を切り、
真面目に生きることを母に誓いました。

ところで。。。

どの世界にも善悪の基準に「バレなきゃいいでしょ。」というマイルールを持ち込んでいる人
がいるものです。

私の場合は不動産業界にいたころ、こういうずるい人々にしてやられて悔しい思いをしたこと
がありました。

当時私は不動産の売却担当として、オーナーと買主サイドとの連絡窓口をつとめていました。
不動産とひとことに言っても数十億の価値があるものとなると契約から決済までには
いろいろなことがあります。

そんな中で、ある情報の提供を買主サイドから強く求められたことがありました。
売却に直接関係がなく、オーナーが開示したくない情報だとはっきり分かっていたため、
私はその情報提供を頑なに拒否し続けました。

先方も負けずに日々しつこく連絡が来ていたのですが、ある日を境にその連絡がパッタリと
こなくなりました。やっとあきらめてくれたかと私は安心していたのですが、これが甘かった。

先方は、物件の管理者にうまく話をして、その情報を直接入手していたのです。
現地の担当者は良かれと思って売却に協力したくらいの認識でしたが、
明らかに反則行為のやり方に私は不快感をあらわにして先方に厳重に抗議しました。

とは言っても、

「勝手なことをして大変失礼しました。」と私に謝罪する先方の態度はあきらかに確信犯。

「ダメだ。こりゃ。」とそのずるさに呆れてすっかりあきらめモードになってしまいました。

漏れた情報はしょうがありません。オーナーに謝罪し、現地担当者には今後は二度と
同じ事をしないように注意し、後始末をつけました。

それからしばらくして。。。

物件の売却も無事完了したので、関係者が一同に会しての食事会の席に私も呼ばれました。

今度はそこでの一コマです。

仲介業者

「いろいろとお世話になりました。今後とも宜しくお願いしますよ。」

「だけどTさんは真面目だからちょっとやりにくかったなぁ。」
(お酒の席なので気が大きくなってる発言004.gif)

「いえね、たいしたことじゃぁないんですよ。」

「こうしてお食事をご一緒させていただくときに、ちらっと書類一枚置き忘れて
いってくれればいいんですよ。」




「ハハハ。」

内心、「へぇー。不正ってこうやって始まるわけね。」とゾッとしながらも013.gif
そこはグッとこらえて笑顔でお酌を受けました。



さてさて、その後この方々はどうなったか。。。

強引なやりかたで情報を手にした買主は、リーマンショックの少し前に多額の負債を抱えて
倒産しました。仲介業者さんにとってもお得意様の倒産はかなりの痛手だったと思います008.gif



勧善懲悪の物語に限らず、嘘と反則には、やっぱり罰047.gifがつきものですね。

最近の新聞紙面をにぎわすニュースを見ながらあらためてそのことを実感しました。

今日の一言

結末への覚悟もお忘れなく!
Be prepared for the consequences.

# by lohas_k | 2010-09-27 20:30 | 外資の日々