元外資系金融OLが綴る♪英語よもやま話


by lohas_k
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

英語は言語です。頭でなくて体で覚えるものです。
日本語を身につけたときと基本的には同じですね。

でも、厄介なのは大人になってから学ぼうとしていること。
大人になるまでに出来上がってしまった性格が英語学習の
妨げになっていることが多々あります。

さて、では今日の本題。
英語の上達にタブーなのはどんな性格なのでしょうか。

1)細部にこだわりすぎる完璧主義者

完璧主義者は、間違えることを嫌います。自分の知識の範囲に
基づいて細部にわたるまで確認し、納得して確認出来てから
初めて行動に移します。

でも、言語の習得においては、これは非現実的な希望なんです。
間違えて、恥をかくのが最も効率的な覚え方。

間違いを指摘してもらって修正できたことを喜ぶくらいの図太さが
欲しいです。

もちろん、できるだけ正しい英文を書こう、話そうとする気持ちは
非常に重要です。

でも、「それでも間違えることはあるし、それでもいいんだ。」
という気持ちの余裕がないと結局挫折することになってしまいます。

2)素直でない人

英語で素直はdocile001.gifですが、これには教えやすいという意味も
あるそうです。

愛用の英英辞書 COBUILDで調べてみますと・・・
A person or animal that is docile is quiet, not aggressive,
and easily controlled.


素直な人または動物は・・・「静かで、攻撃的でなく、御し易い。」
とあります。

逆に考えれば、騒がしくて、攻撃的で、制御不可能な落ち着きの
ない性格の場合はやっぱり、語学の学習にも支障があります。

3)独善的で負けずぎらい

1)の完璧主義者ともちょっと重なりますが、このタイプの方も
要注意です。

言語は、そもそも自分以外の誰かと対話をするための便利な手段です。
勝ち負けの思想がベースにあるのでは、たとえ英語のテストや資格試験で
高いスコアが取れたとしても、異文化異人種を前にしたときに打たれ弱く、
話題の引き出しも少ない人になってしまいます。

おおらかに構えて、柔軟性のある思考を持つように常に意識することが
大切です。

4)せっかちで面倒くさがりや

忙しい毎日、「言語の習得もさくさくっと済ませたい!」というのが
現代の風潮なようですが、付け焼刃はやっぱりそれなりです。

良くある表現を丸暗記すればそれについては受け答えができる
でしょうが、そこから先が広がりません。

シビアな現実ですが、社交辞令程度の言葉しか出てこないと、
相手もつまらないのかその後親しくつきあえるような人間関係に
発展しません。

時間がかかるのは初めから覚悟で、その分毎日コツコツ
丸暗記ではなくて、自分が伝えたいことのために単語を調べたり
本を読んだりすることをおススメします。

当たり前の手間を省けば仕上がりもそれなりです。

5)恥ずかしがりや012.gif

最後になりましたが、とっても大事なことを一言。
(001.gif英語ではこういう時、“Last but not least”という決まり文句を
つかいますね。)

日本では出しゃばりが嫌われることもあって、恥ずかしがりや
さんであることは、必ずしも悪いこととはされません。

でも!言語の習得にあたってはそうはいきません。
率直に申し上げてシャイ(shy)であることは英語の上達に
間違いなく不利に働く性格なのです。

ここでも COBUILDを見てみますと・・・

A shy person is nervous and uncomfortable in the company
of other people.


恥かしがりやな人は・・・「周囲に人が居ると緊張して居心地が
悪くなる。」とあります。

こうなると当然声も小さく、目も合わせず、相手にとって聞き取り
にくい言葉を発声してしまいます。あるいは、第一声を発する前
から体がカチカチで何も言えずに終わってしまいます。

これでは、せっかく知識があっても披露する場がなく残念です。

恥かしい気持ちと相手に認めて欲しい気持ちは表裏一体です。
相手に認めて欲しいと思うからこそ、失敗したら。。。と思うと
恥かしい気持ちがどんどん大きくなってきます。

たとえ、何かを完璧にこなせたとしても、認めるか認めないかは
相手次第です。こちらがコントロールできることではありません。

逆に、失敗したとしても、一生懸命な姿勢が認められたり、
思いもかけない人がそれを見ていてくれたり、意外な展開は
あるものです。

恥かしいという気持ちで、自分の能力にブレーキをかけるような
ことはせずに、伸び伸びと自分の思いを表現しましょう。

最悪、うまく伝わらなくて嫌な顔をされたとしても、また次があります。
悔しさや恥かしさは成長のバネにするもので、そこで立ち止まって
内向的なエネルギーを蓄えるためのものではありません。

以上、私が個人的に思う・・・「英語上達にタブーな性格」でした。

逆に言えば、「一見もの静かなんだけど、芯がしっかりしていて、
相手の話を良く聞いて、ゆっくり話す地道な性格」の方は
確実に上達します。周囲を見てみても、丁寧に正確な英語を
書き、話すのはこのタイプの方々です。

もちろん、一番大切なのは英語に対する「興味」ですから、
性格的には不利でもその何倍ものガッツと興味でマスター
する人も居ますし、性格的には向いていても英語には
全く興味がないという方も居ます。

結局のところ

「好きな事を、焦らずたゆまず、おおらかに構えて地道に続ける。」
の一言につきますね058.gif063.gif


≪英語上達10ヵ条≫一覧は⇒こちら
# by lohas_k | 2010-07-11 10:15 | 英語上達10ヵ条

レレレのおじさんに学ぶ


ネイティブと話をするとき、発音よりも大事なのはアクセントです。

発音は悪くても分かってもらえますが、抑揚がない単調な日本語的
発声をしてしまうと伝わる確率はガクッと下がります007.gif

どういうことかと言いますと・・・・・・

まずは、かの有名なレレレのおじさんの口癖を思い出して下さい。
おじさんは、「おーでかーけでーすか? レーレレーのレー」。
とほとんど歌うように話します。そして、堂々と明るく道行く人に
話しかけます。

これってネイティブが英語を話すときの様子そのものなんです。

逆に言えば、ネイティブは英語をリズムと音として聞いてインプット
しているので、レレレスタイルでない単調な日本人発声は彼らの
メモリーに合致しないので分かってもらえないわけです。

せっかく日本人が外国語として英語を覚えるのならば
発音の完成度にこだわりすぎるよりは、ハキハキ元気な発声
につとめることに力をいれましょう。これってはるかに重要だし、
「おもしろいヤツだな!」と思ってもらえます。

次に、英語を話す機会があったときは・・・・・・
レレレのおじさんを思い出して楽しくリズミカルに話しましょう。
たぶん盛り上がるはずです058.gif066.gif

063.gif
ちなみに・・・鉄腕アトムは、英語で「Astro Boyアストロボーイ」。
アトムボーイではないんですよね。
# by lohas_k | 2010-06-29 21:42 | 伝わる英語のコツ

「英語」と聞いた時、あなたは何色をイメージしますか?
私の場合は薄いグレーです。身近だし、嫌悪感は覚えないけれど、
パステルカラーではありません。

では「日本語」と聞いたら?
おそらく無色透明なイメージの方が多いのではないでしょうか。
空気みたいなものですよね。無意識に努力なしに使える言語です。

では、この色の違いはなんなのか?
ズバリ、苦手意識です。

なんとなく自信がない。「努力」「勉強」という言葉とかぶる。
場合によっては過去に嫌な思い出があってグレーどころか
もっと暗ーいイメージに繋がる。「あー、英語さえ出来れば・・・」
そんな話題を始めたらけっこう盛り上がるかもしれません。

さて、個人的な経験やイメージはさておき・・・

ここで大切なのは、英語に対するイメージも「無色透明」にすることです。

「あー、今日も勉強しなくちゃ。」「あー、全然上達しない。」
ごく一部の天才的な才能を持った方、または、英語圏で生まれ育った方で
ない限り、ほとんどの方が経験するこのしんどい気持ち。
でも、ここで負けてはいけません。

テキスト系の勉強がしたくないならば、遊び半分で海外DVDを見る。
好きな英語の歌を歌詞カードを見ながらでもよいから歌ってみる。
意味は分からないけれど、なんとなく海外サイトをネットサーフィンしてみる。

そんなことをしているうちに・・・「あれっ、こんな言葉いつ覚えたんだろう?」
という感じで話せるようになってきます。日本語を覚えたように、沢山聞いて
バブバブと音出しするプロセスは言語習得には必須です。

「まー、自分の英語もバブバブよりはマシだな066.gif」と思えたら、見こみあり。
自信を持って得意気分で「ペラペラ」な自分をイメージしましょう。
何事も強気な思い込みはチャレンジする勇気をくれるものです058.gif



070.gif069.gif060.gif

≪英語上達10ヵ条≫一覧は⇒こちら
# by lohas_k | 2010-06-27 19:42 | 英語上達10ヵ条

私のまわりのバイリンガルを見ていて気がついたこと・・・
リラックスしている人は英語がうまい!
ガツガツ勉強した様子もないのにボキャブラリーも豊富だし、会話も流暢。

そこで、どうやって英語を覚えたの?と聞いてみると・・・

「やっぱり海外でのバイト先かな~。みんなが使う言葉をマネしてたら
なんとなく話せるようになってた。」とか

「うーん、仕事先だね。毎日いろいろとこなしているうちにいつの間にか
語彙が増えたよ。」というご回答。


「なーんだ、結局留学したり、仕事で使えば上手くなるって話?」と思われましたか?

違うんです。わたしは、何十年も海外生活をしている方も、長~いこと仕事で英語を
使っている方も知ってますが、こうした方々は必ずしも英語がお上手ではないんです。

では、うまくなる人と伸び悩んでしまう人はどこが違うんでしょう。

うまくなるリラックス型の人々は・・・
①焦ってはいないけど、力まずさりげなく、上達できる環境に自分を置いている。

②リラックスして楽しんでいるから見聞きしたことの定着効率が高い。

③「努力!」「根性!」という気負いがないから自然体で勉強が続けられる。

④どちらかというと右脳派。直感的にイメージで体得できる。


反対に伸び悩み派は・・・
①早く上達することばかり考えているから毎日コツコツの努力は苦手。
    または「この程度でもういいや。」とあきらめモードなのであえて勉強しない。

②常に新しい学習方法に敏感。テキストの数は多い方。
    でも、ひと通り読んでマーカーも引いてあるのに、身についた気があまりしない。
    仕方がないから何度も繰り返して何とか定着させる。
    試験は得意だけど、実力がイマイチなのは自分が一番よく知っている。

③いつも覚悟して机に向かう勉強スタイルだから、どこか憂うつ気分が抜けない。
    頑張りすぎて疲れてしまうから、一気に勉強→しばらくお休みの繰り返し。
    
④どちらかというと左脳派。何事も理詰めで捉えてしまう。


いかがでしたか? 前者がカメなら後者はウサギということになりますでしょうか。

ちなみに、わたしはずーっと長いこと努力が空回りのウサギだった気がします。
ウサギだって日々継続はしなかったけど、走ったことには変わりはないんですよね007.gif

でも、残念ながらせっかく覚えたことのほとんどは、しばしのお休み中に
忘却のかなたに消えてしまう。そしてまた覚え直すことになる。

その間に、カメはフツーに歩き続けただけなのに余裕のゴールイン。あー悔しい。

ではどうするか???ウサギは反省してカメに弟子入りすればよいわけです。
カメ先輩にならって、勉強以前の心構え「リラックス&継続スタイル」を身につけましょう006.gif

063.gif
海外サイトで見つけたウサギとカメのお話。以下抜粋です。

Turtle
All this time the turtle kept walking step by step by step.
He never quit no matter how hot or tired he got.
He just kept going.

Rabbit
The rabbit slept longer than he had thought and woke up.
He could not see the turtle anywhere!
He went at full-speed to the finish line but found the turtle there
waiting for him.


057.gif058.gif056.gif


≪英語上達10ヵ条≫一覧は⇒こちら
# by lohas_k | 2010-06-25 18:04 | 英語上達10ヵ条
私は、気がつけば物心ついた頃からずーっと英語の勉強をして来た気がします。

しかし、英語学習に費やした労力と時間とお金を考えると、その割にはあまり
身についていないんじゃないか???といつもどこかで不安に感じていました。

ここでは、試行錯誤のうえに私が辿りついた「おー、これがコツだったのか!」
という英語学習のポイントをご紹介します。

私のように、遠回りな学習をしないで済むように、是非ご一読ください。

10ヵ条の一つずつの詳細は別記事でご紹介していきます。
(それぞれ青字のタイトルにリンクしています001.gif)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

≪英語上達10ヵ条≫

その1. むやみに先を急がず、リラックスして進み続ける。
008.gif焦って一気に覚えたことは忘れるのも早いです。


その2. 英語に対する苦手イメージをとりのぞく。
015.gif無意識に身につけてしまったマイナスイメージは上達の足を引っ張ります。


その3. 英語の上達に最適な性格になる。
057.gif英語の上達にタブ―な性格のタイプを知りましょう。


その4. 自分なりのゴールを明確にする。他人と比べない。
016.gif
なぜ英語ができるようになりたいのか?目に見えるかたちで認識しましょう。

その5. 本屋さんに行く。
043.gifお気に入りの教材を探し出し、自分なりの工夫が光る学習プランを立てましょう。


その6.  英語に日常的に触れる計画をたてる。
069.gif海外ドラマを英語で見る。海外サイトを見る。得意分野をきっかけに一日10分からスタート。


その7. まずは聞く。後から文字で確認する。
063.gif「ながら」ではなく、短時間で良いので情景をイメージしながら集中して耳を傾けましょう。


その8. 英文を読む。分からない単語があっても我慢して読む。
056.gif読むことで、社交辞令から一歩進んだ引き出しの多さと話題の深みが生まれます。


その9. 気楽に英語で書き、話す。分からないことは手抜きせずに調べる。
055.gif英語でやりとりする友達をつくりましょう。
日本語に逃げられない環境と伝えたい気持ちが書く力&話す力の上達を後押しします。


その10. 疲れたら休む。自分を追い詰めない。
058.gif小さい一歩でもゼロではありません。あきらめなかった人が出来るようになる人です。


何はともあれ、「案ずるより産むが易し」。
Nikeでおなじみの"Just Do It!"あきらめたくなる時に思い出したい言葉ですね029.gif070.gif
# by lohas_k | 2010-06-25 16:01 | 英語上達10ヵ条

また出たの??

私は田舎に住んでいます。
防災放送もひと味違います。

今朝は市内にクマが出た放送。
夕方は今度はイノシシが出た放送。

普段は迷子のお年寄りの放送がほとんど
なので、呑気に構えていると。。。

「郵便局に包丁を持った強盗が入りました。」
なんてショッキングな放送だったりもします。

でも、いつも同じトーンの穏やかな調子だから、
こっちも覚悟が出来ません。

なんか良い方法ないかなぁ。
What can we do?

# by lohas_k | 2010-06-17 23:40 | ロハスな時間
英語は、少し話せるようになってきたかな?
と思ってからが頑張りどころ。

こういう事が言いたいんだけど、
ちょっと最後まで話せる自信ないな〜。
おぼろげなんだけど、こんな感じの表現聞いたことあったなぁ。。。
こういう思いはどなたでも経験済みだと思います。

さて、ここからが分かれ道!

たいていの日本人の方は、恥ずかしいから
話すのをやめてしまおうと思いがち。
しかし!会話の上達には待ったなしの状況で
恥をかくのが一番の早道。

ネイティブの前で間違えて、変な顔をされたり、
さり気なく言い直しをされたり、
自分でも明らかに分かるデタラメ英語を話したり、
それが全部後でちゃんと役に立ちます。

さて、私の赤っ恥の思い出。。。

遠い昔のカナダでの留学時代。

チルドレンと言うべきところをチャイルズと
何回も言っていたらしく、しまいにはそれまで
ニコニコ聞いていた友達のお父さんにチルドレン
も知らないのか!と説教されてしまいました。
友達は、「お父さん、失礼よ〜」と言いつつも
何故かウケまくり。
私は絶句。

それ以来、チルドレンのトラウマに陥り、
二度と間違えなくなりました。

ちなみに一般にネイティブの皆さんは間違えても
辛抱強く聞いてくれます。

怒りのお父さんは、東欧からカナダに移民して
自分自信が必死で英語を覚えた方だったんです。

怒られても愛のムチ。
気にしない、気にしない。
英語は喋ったもん勝ちです。
# by lohas_k | 2010-06-17 23:10 | 留学よもやまばなし

仕事のこと


f0229711_13304899.jpg
f0229711_1352553.gif


lohas_Kが六本木の外資系企業を退社後、故郷で起業するまでの様子や、
行政書士、翻訳家、ビジネス英語講師としての毎日については仕事ブログ
で綴っていきます。


f0229711_1449155.jpg
f0229711_14491671.jpg
f0229711_14492656.jpg



# by lohas_k | 2010-06-15 16:39 | 独立開業、英語でお仕事

たかがTOEIC、されどTOEIC


「TOEICは日本と韓国だけで有名なので、海外では通用しない」
と言われます。本当にそうでしょうか?

確かに、TOEICのスコアについて外国人と話して盛り上がれるとは
私も思いません。でも、長年受験して来て思うのは、英語の実力を
測るという意味では、「なかなかどうして優れたテストだな」ということ
です。

私の場合、4年に一回ぐらいしか受験しなかったこともあるのですが、
特に980点から985点、985点から990点とスコアがアップした時期は
英語を仕事で使う量が増えた時期と比例していたので、「やっぱり、スコア
には実力が出るんだ。。。」と一人しみじみと納得しました。

もちろん、短期間で高得点を狙うだけならば、TOEICの過去問を
一つでも多く解くのが一番だと思います。SWテストは別として、
四択問題の試験の場合、過去問で傾向と対策がつかめていれば
繰り返し集中的に受験することで、ある程度の得点までは短期間で
到達できるのではないでしょうか。

問題は、その場合は、冒頭の「海外では通用しない。。。」実力に
なってしまう可能性があることです。実務は、四択式ではないですし、
読み書き、会話に必要な基礎知識と応用力を、過去問で養うのはちょっと
難しいでしょうから。

結局、理想的な英語学習法は、染みるように馴染んでいくカスタムメイドな
アプローチではないでしょうか。自分でいろいろと工夫して楽しみながら
英語に触れているうちに自然とTOEICのスコアも上がっていた。。。という
感じです。

英語を音として捉えて何気なく毎日聞く。自分が好きなことを英語で読む。
自分が表現したいことを英語で書く。自分が話したい人と英語で話す。
こういう毎日を続けているうちに、「英語がなんとか使えているかも」程度の
実感が持てれば十分ではないでしょうか。少なくとも私はそんな感覚で
捉えながら、英語に触れ続けています。

TOEICに愛着まで覚えるようになってきた今日この頃。たかがTOEICとは
なかなか言う気になれない私です。やはり、「されどTOEIC」ですね。
# by lohas_k | 2010-06-15 16:29