元外資系金融OLが綴る♪英語よもやま話


by lohas_k
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:本当に使える英語力 ( 12 ) タグの人気記事

「スピーチコンテスト」、
英語が好きという方ならば、なんとなく気になる響きではないでしょうか。

学生時代に英語の先生から声をかけられて、
一生懸命暗記して、練習して、時間は費やしたけど、努力の甲斐なく敗退。
今ではすっかり苦い思い出に・・・。

なんて方も多いのではないでしょうか。

私も遠ーい昔のことですが、16歳の時に一度スピーチコンテストに参加しました。
ガッツで練習して挑んだわりには、審査員の先生方に全く評価してもらえず、
悔し涙を流したことを覚えています。

あれから○十年、夏のある日に「大人のためのスピーチコンテスト」のお知らせが
郵便受けに届いた日に一念発起!
「よし、リベンジだ!!!」とロッキーのスタローン(古くてすみません)なみに奮起して
頑張りました(注:筋トレはしていません)。

それから数ヵ月が過ぎて・・・。

本日、なんと最優秀の評価をいただきました!

あのとき流した涙に負けず、
英語の勉強を何十年も続けて良かった072.gif043.gifと感慨無量の一日になりました。

大人になった今分かるのは、「スピーチは、勝つためでなく伝えるためにするんだ。」
ということです。今回は、伝えたいことがあったから、心をこめて頑張れました。

コンテストが終わった後に、他の参加者の皆さんとファミレスで歓談の時間を持てた
ことも今日の大きな喜びになりました。
英語の勉強を続けるためには、同じ目的を持つ仲間を持つことも大切ですね。

「大人のためのスピーチコンテスト」は今後も毎年開催されるようです。

テストのスコアも大事ですが、英語で発表するという機会は特別なものです。
スピーチコンテスト、一度はチャレンジ!おすすめします。

f0229711_19253973.jpg

私の本日のスピーチの本文はMoreにてどうぞ040.gif。。。

More
by lohas_k | 2011-11-19 20:32 | 伝わる英語のコツ

節と句の違い

英語で文章を書くとき、私が最も注意するのは文の構造です。
シンプルな文の構造は、読み手に分かりやすい文章を書く上でとても大切なことです。

その中でも最もシンプルなのは、いわゆる第一文型です。
S+V(主語と動詞)から出来ている文章ですね。

さて、本題に戻りまして・・・節ってなんでしょう。
ズバリ! S+Vがあって意味をなす固まりですね。

そんなの当たり前と思われる方もいらっしゃるでしょう。でも、日本語だと知らず知らずの
うちにSが抜けていることが多いので、英語にするときには要注意なんです。

例えばこちらの文章。
「明日は、忙しいから行けないって。」

状況が分かっている人にはすっと分かるんでしょうが、誰が何をするのか分からない人には
チンプンカンプンです。これを英語にするとこんな感じになります↓(Sを彼と想定して。。。)

"He says he is busy tomorrow and can't make it."

母国語ではついつい頭に思いつくままに書いたり、話したりしてしまいがちですが
英文を書くときには、これで通じるかな?と主語と動詞、修飾語の位置など
自分の言いたいことと表現した内容を比較点検する意識を持つことが大切です。

では句とはなんでしょう。
これは、2語以上の固まりですがS+Vではないものです。

句はその働きによって名詞句(主語や目的語になる)形容詞句(名詞を修飾したり補語になる)、
副詞句(形容詞、副詞、動詞を修飾)など呼び方が変わります。※節もそうです。

複雑な文章を読む際は、句だけでも随分と長~い場合があります。
文法的に正しい英語であれば、必ずS+Vがあるはずですから、
まずは、S+Vの組み合わせを見つけてみましょう。
長い句も、節も一つのまとまりとしてとらえてください。
S+Vがしっかり頭に入っていれば、書き手の言わんとするポイントが自然と明らかになります。
分からない単語が句や節の部分にあってもそんなに慌てることはありません。

逆に、自分が文章を書く際には、あまり複雑な構造にせずに、S+Vの組み合わせが
早めに読者の目に入るように工夫しましょう。

日本語では、つらつらと背景や理由を述べて、「Aして、BしてCしたからこうなった。」
というような、遠まわしにポイントに行きつく構造の文章を書いたり話したりしがちですが、
英語では稚拙に思えても、ズバリとポイントをまず述べる癖をつけることが大切です。

そのためには、日頃からS+Vを意識して文章を読んだり、書いたりしておくと力がつきます。

「英語は話せるけど、書いてみたら句だらけで、節になっていない文章を書いていた。008.gif
なんてことのないように注意してくださいね。

一日一行でもよいので、良い英文を見つけたら真似して何か書いてみましょう056.gif001.gif
by lohas_k | 2011-10-30 13:59 | 知らなきゃ恥かく基礎文法
≪海外通販≫①ちょっと勇気を出して。。。 にトラックバック

Gmailはとっても便利なので、別ブログ↑でもおすすめ記事を書きました。
特に迷惑メールのフィルター機能が優れているので気に入ってます。

がっ! ここのところ、何回か、なんとGmailを名乗る迷惑メールを受信しました。

所謂なりすましというやつで、
「個人情報とパスワードを教えないと、Gmailのアカウントを削除しますよ~!」
などと書いてあります。振り込め詐欺並みに悪質です。
しかし、いかにもインチキ風なメールでもやはり、アカウントを削除されるなどと聞くと、
ちょっと心配になるのが人の常。。。

ちょっとリサーチしてみると、ありました、ありました、Gmailからの警告。

「個人情報を要求するメールや、同様のウェブページへのリンクが含まれるメールには、
常に慎重に対処してください。GoogleGmail がこのような情報をメールでユーザー
に要求することは決してありませんので、Google Gmail を名乗って
個人情報を要求するメールが届いても信用しないでください。」とのことです。  

詳しくはこちら

そもそも、Googleからのメールのドメインはgoogle.comのはずなので、
送信元のドメインがgmail.com だった場合は間違いなく偽メールだそうです。
とは言っても、ドメインがgoogle.comならば安心か?というとそれは内容次第なので、
やっぱり、本文の意味が分からないと困りますよね。

そこで、今日は、敢えて、スパムメールから学べる表現をピックアップしてみようと思います。



<その1>
If you are still interested in +名詞(または動詞+ing<動名詞>)
意味★まだ興味がおありでしたら。。。★

in以下は無しで、こんなかたちも便利です。
If you are still interested, please+動詞(ここは原形がきますね) 

後づけの条件風ないい方ももちろんOK。
Feel free to contact me if you are still interested.
034.gifこの場合はcommaifの前にはつきませんね。


<その2>
Please click...
意味★クリックしてください★
clickの後は、the reply buttonとかbelowなんかが使えますね。
例文 Please click below to enter the site.

※clickの後にonをつけて、click on below linkなども時々見かけます。
私がかつてお仕事をしていたカナダ人のweb designerさんはこちら派でした。


<その3>
as requested
意味★依頼通りに(or指示に従って)★

文頭に使って、「ご依頼通りに~をお送りします。」という感じでメールに書くことが多いですが
例文 As requested, please find attached the Executive Summary.

こんな感じで後づけでも使えますね。
Fill the below spaces as requested. 
(記載項目につきまして下記の空欄に入力して下さい。)
↑スパムメールからの表現。



こんな調子で、個人情報をさりげなく、スムーズに入手
しちゃおうとしているから困りますね~!!!



↓スパムメールの本文はMoreでどうぞ。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

More
by lohas_k | 2011-09-10 21:25 | なるほどネイティブ表現

albeit、発音できますか?

書きたいことはいろいろあってもなかなか更新しないのが私の悪い癖(^^;)
ツイッター程度の長さでも、思いついたら気軽に更新しようと思います。。。

そこで、今日は、ちょっと珍しい単語をご紹介。
"albeit" 読めますか?

アルバイトと読みたい衝動に駆られますが、正解の発音は全然違います。

正解はこちら→albeit
(スピーカーマークか、アメリカorイギリスの国旗をクリックして下さい。)
※5回は繰り返して、発音してみるのがポイント。


さて、発音はわかっても、「どんなときに使うのよ?」と思いますよね。

意味は実はおなじみの although と同じです。 なので、外国人の私達は
あえて使わなくても although で済んでしまいます。
ですが、たまーに、ネイティブの書いた文章に書いてありますので、
意味を知っておくと損はない単語です。

"albeit" は、文頭ではなく、挿入句として使ったり、後づけで「~だけれども。」
てな感じで使われます。

例文 
<嫌々ながらではあるが・・・の場合>
The United States finally agreed, albeit unwillingly, to support
the UN action.


She agreed to their conditions, albeit unwillingly.

うーむ。確かに、althoughより、かっこいいですねー。


気がつけば、やはり、ツイッターの文章量ではなかった。。。
伝えたいことが盛り沢山の私には、つぶやきって。。。むかない。。。026.gif
by lohas_k | 2011-09-09 20:37 | 伝わる英語のコツ

Let me...の使い方

let は、文法的にいうと使役動詞です。

使役動詞はいろいろありますので、それは別途勉強していただくとして
とりあえず、今日の外せないポイントは、
使役動詞 + 目的語 + 原形不定詞(要は動詞の原形です)というかたちです。

letを使う表現、ネイティブはとてもよく使います。

誰かと一緒に行動しているときに、
"Let me go to the bathroom."  (ちょっとトイレ行って来ます。)とか

"Let me give you a good example." (ひとつ例を挙げますと。。。)とか

ちょっと長めで

"Okay, let me try to put something together for you
by the end of this week."
(了解、今週末までに何か考えてまとめてみますよ。)

てな感じで、自分がする動作に関して使うときは、へりくだったニュアンスが出るので
便利なんでしょうね。日本語の謙譲語にちょっと似てますね。

ちなみに034.gif
英語には「です、ます」的な敬語はありませんが、その分、いろいろな表現を駆使して
その状況にあわせて相手への敬意を表現します。

ネイティブばかりの会議に出席して感じることは、皆さんのびのび発言しているようでも
相手が話している間は遮らないとか、マナーを大切にしているということです。

もちろん、そうでない人や場面もたまにありますが、その場合は結構後を引いたりします。
Rude(無礼)であることは、西洋社会においては、基本的にはタブ―なんですよね。

日本でも同じはずなんですが、私の個人的な印象ですと、日本人の方がそのあたりの
感覚はゆるやかな感じがします(^^;)。
by lohas_k | 2011-06-26 18:23 | なるほどネイティブ表現

Thinking outside the box

本日のネイティブ表現はこちら → "Think outside the box!" 

ネイティブと一緒に知恵を出し合うようなシーン(マーケティング会議など)の
定番の表現です。

例えば、クリエイティブな意見が欲しいのに、イマイチな意見が続いたりすると
"We need to think outside the box."と中心人物が言ったりします。

これが、もう少しカジュアルな関係だと、命令的な呼びかけで
"Think outside the box!"となかば、突っ込まれる感じで言われたりします。
あるいは、何か名案をひらめいた人が、得意気に周りの人にこの表現を使ったり
もします。

さて・・・、では日本語ではどういう意味なのか。

意味を言わずに、シチュエーションで説明したのは英語頭の体操のためです。

今、あなたの頭の中は、boxってどんなbox???という質問でいっぱいですか?

残念ながら、boxにとらわれ過ぎると意味は分かりません。

大切なのは、Think outsideの方です。

直訳で言えば、「既成概念の外側を考えましょう。」ということ。
つまり、boxをあなたのheadと置き換えると分かりやすいでしょうか。
ちょっと懐かしい表現で「やわらか頭」と言うともっとしっくりきますか045.gif?


問題にぶつかったとき、煮詰まってしまって、しばらく進めなくなるのは
日本人も外国人も同じでしょう。

そんなとき、新しい発想を受容できるかどうか056.gif、と
変化(=それまでの体制の否定)を素早く実行に移せるかどうかが
前進or停滞or後退の明暗を分けますよね。

"Think outside the box."で、常に新しいものの見方をする心がけは
大切ですね。「自分は絶対に正しい。」と思ってしまうことほど、人生の可能性
を狭めるものはないですから。

この表現の詳しい説明は、こちらをどうぞ。。。
(英文ですが、ポイントは、冒頭のセクションくらいなので頑張って読んでみて下さい058.gif)
by lohas_k | 2011-06-13 18:37 | なるほどネイティブ表現

ビジネスと受動態

「受動態」と聞くと、コテコテの文法話なイメージがありますよね。
だから、ビジネスと並んで書いてあるとなんだか違和感が。。。

しかし、英語で仕事についてのやりとりをするとき、特に文章を書くときは、
受動態を使うか、能動態を使うかの判断はとっても重要。

特に、急ぎでもないんだけど、さりげなく、仕事の催促をしたり、対応してくれたか
どうかの確認をしたいときは、結構気を使います。

そんなとき、現在完了形と、受動態を使ったこんな表現が便利です。

Has this correction been made to the web site?

Thanks.


今回は、「この件、ウェブサイトの修正はもう終わってますか。」という意味ですが、

主語とtoの後を変えれば、いろいろと応用がききますよね。

そして、忘れては、いけないのが、最後につける、Thanks.です。

せっかくナイスに書いたつもりでも、最後のThanks. がないと、好感度ダウンです。

逆に、誰かにはっきり仕事をお願いしたいときは、
Can you please take care of ...? とか、
Could you ...? のような書き出しで、
期限があれば、はっきりそれも書いてお願いします。

どちらの場合も、やっぱり最後は、
Thank you. をラストに一言。
Regards. も良く使われますが、
お願いごとの後は、やっぱりThank you. の方が感じが良いです^^。

外国人とのお仕事、相手がフレンドリーな方のようでも、
仕事中は、「礼儀を忘れず。」の姿勢がとても大切です。
逆に068.gifの席はノビノビと、素で居る方が喜ばれます。

万国共通なお話でしたね001.gif

Thank you.058.gif
by lohas_k | 2011-06-08 20:12 | なるほどネイティブ表現

契約書翻訳のはなし

こんなかたいタイトルで、どなたが読んでくださるのだろう。。。
と思いながら、でも、書いてます(^^;)

ここのところ、賃貸借契約書の翻訳が多いのですが、
翻訳しながら、常々思うのが日本と西洋の文化の違いです。

日本人は、わびさびの文化がまだどこかで残ってるのか
多くを語らないことが良しとされますよね(国会では違うようですが。。。)。

暗黙の了解のもとに社会が成り立っていて、それで円滑に生活していける
というのは素晴らしいことだと思います。

当然契約書も、極端な話、「口約束でいいでしょう。」といって作らないとか
作っても、大筋を決めておいて、「あとはおいおい話しあって、決めましょうよ。」
のような友好的な関係を前提としています。

もちろん、そうでない場合もありますが。。。

では、欧米はどうか。

西洋人の契約に対する認識は、かなり緊張感があります。
お金持ちの場合は夫婦間でも、結婚する前に同意書を締結して
「離婚することになっても相手の財産を分けてくれとは言いません!」
的なことを書面で確認したりします。

元気がある方はこちらで詳細をどうぞ001.gif 
Prenuptial agreement 


つまり、うまくいけばいいなぁとは思いつつも、失敗することも前提としている
からこそ、転ばぬ先の杖で契約書をすごく頼りにしている訳です。

あれも、書いておこう、これも書いておこうと、想定できるあらゆるパターンを
盛り込んで、かつ、言葉の意味も、これは、「こういう意味だからね。」と
定義にかなりのエネルギーを費やします。

プライバシーに対する意識もとても強いので、そのあたりも要注意です。

だからでしょうか、日本語から英語に翻訳をしていると、なんだか、
原文が当事者の善意を前提としていることにちょっとホッとしてしまう一方、
これだと相手に「突っ込まれるんじゃないかな~。」と少し心配にも
なったりしまいます。それで、親しくさせていただいているお客さんの場合は
それとなく、そのあたりをお知らせしてしまったりしている訳です。

伝わる英語のコツの中には、外国人を前にしたら、日本人の感覚を
ちょっと捨てて、相手の視点から物事を考えて見ることも入ってますね。
というか、これ、かなり大事です^^。
by lohas_k | 2011-06-06 21:02 | 伝わる英語のコツ

創作訳はいけません。

頭に思い浮かんだ、それらしき日本語を、
七割程度しか理解できていない英文にあてはめて訳してみる。

なんとなく意味が通じたからいいや、と思う。

こういう、検証なしの学び方は、実はとっても危険です。

小さな勘違いが積み重なると、誤訳をする癖がつきます。

訳に困ったときには、文法的な理屈は飛び越して、
創作訳をする人になってしまいます。

強気で大量に英文を読むことは大切なトレーニングですが、
原文への敬意を忘れてはいけません。

勘違いは、分かったつもりの英文でも起こり得ます。

自分の能力を過信せずに、確認癖をつけると、
自分のミスに自分で気付けるようになります。

なにごとも「謙虚な気持ち」は、
間違いを防ぐための万能の盾ですね。
001.gif




ひとりでは登れそうもない山だけど、誰かが一緒に登ってくれるなら・・・
と思っていらっしゃったら、是非お気軽に
Lohas_kの英語スクールまでお問い合わせ下さい。058.gif


by lohas_k | 2011-04-20 21:01 | 英語教えてます♪

単語帳ってどうですか?

日本の英語教育では、単語帳を使って単語の意味を覚えさせる
という方法がスタンダードなようですね。単語カードや単語テストと
聞くと学生時代を思い出すのは私だけではないでしょう。

でも、Lohas_kは単語帳を使っての勉強はあまりおすすめして
いません。というのも、英語は漢字とは違うからです。
そもそも学校の英単語テストって漢字テストと同じ発想だと
思いませんか?

確かに漢字はそれぞれが自己完結していて、読みや意味に多様性は
ないので丸暗記が効果的かもしれません。
でも、英単語は一つの言葉にいろいろな意味があります。

英語力を育てるというのは、その場その場で柔軟に対応できる応用力と
想像力を育てるというプロセスです。

ですから、単語の意味をコマ切れにして丸暗記するというのは、
学校の英単語テスト向けの対策としては大いに意味があるのでしょうが、
現実的に英語的思考で考えたときには不自然で実用性に乏しい気が
します。

単語を覚えるのならば文章的な意味のまとまりの中で覚えるべきです。
どうしても単語として分割した単位で覚える必要があるならば、
できるだけ絵的なイメージと一緒に、発声をしながら頭にいれる
方法をおすすめします。

そして、学校の英語教育では、
速読テストで量を読ませて意味をひろう力を養うことと
会話テストで(発音云々ではなく)ネイティブの前で
言いたいことを表現できる力を養うことにもっと時間と
エネルギーを割いて欲しいなぁと思ってます。

これからの時代は、英語力が国際競争力を決める時代です。
学校にいるうちから、もう少し「身につく英語力」056.gifを意識した教育を
受けられるとありがたいですよね。
026.gif



ひとりでは登れそうもない山だけど、誰かが一緒に登ってくれるなら・・・
と思っていらっしゃったら、是非お気軽に
Lohas_kの英語スクールまでお問い合わせ下さい。058.gif


by lohas_k | 2011-04-10 20:52 | 英語教えてます♪