元外資系金融OLが綴る♪英語よもやま話


by lohas_k
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

あいまい禁止!


英語に限らず、コミュニケーションで大切なのは
伝えたい内容を相手に正しく伝えること。

人間関係いいことばかりではないですから
たとえ相手が聞きたくない話でも、誠意をもって
「ご期待にはそえません。」とか「残念ながら
私は別の意見です。」的なことも言わなければ
なりません。

これは日本人同士だと、「雰囲気だとか、様子で
感じとってよ。」的なやり方もあるんでしょうが、
外国人相手にはタブーです。

かえって、相手の信頼をなくします。ダメな事はダメと、
にっこり笑って"Sorry, but I can't do that."と早めにお伝えしなければなりません。

できれば、becauseと続けて理由も伝えるのが
ベストですが、それができなければNoであること
を伝えるだけでも十分です。

その場しのぎのあいまいな笑顔だけはダメです。

相手の言っていることが分からないなら、なおさら
I'm sorry but I don't quite follow you.
(ごめんなさい。お話がよく分からないんですが。。。)
とネバって分かるまで聞くことをおススメします。

こんなことがありました。

【都内の某家電量販店での出来事】

私がパソコン売り場で店員さんと話していると、そこに
明らかに怒り爆発寸前のアメリカ人男性が登場。

伝票を手に握りしめて、日本語で店員さんに話しかけて
来ました。「すみません。説明して下さい。」

店員さんは私の対応中だったので「ちょっと待って下さい。」
と一言。でも男性は待ちきれない様子。英語が話せる人は
いないのか???と怒り気味に言うので、「ならば私が」
となぜか通訳することになりました。

話を聞いてみると。。。パソコンを買ったのに待てど暮らせど
納品されない。メーカ―の英語でのヘルプデスクに電話したら
買った店に行けと言われた⇒前回来た時は今日は確認が
とれないからまた出直すように言われた⇒今日は結果が
分かると思って来たのにまたしばらく待つように言われた。

とまあ、これは怒るでしょ、と思うような内容。
結局、支払った金額の中に送料が含まれてなかったので
オーダーがストップしていただけ、という瞬時に分かる話。
このことを説明したら彼は爆発しました。

初めからそう言えばいいのに!もう、嫌だ。今すぐにキャンセルする。
"I never want to do business with you people!"
(もう絶対にこの店からは買わないぞ!)と大きな声を出すことに。

周りからは変なガイジン的な目で見られていましたが、
私は彼が曖昧ワールドにはまって、たらい回しになったんだなぁ
と思うと、とても気の毒でした。(もちろん私には親切でしたし。)

「住まいは都内ではないので遠くからわざわざ三回もここまで
来たんだよ。ありえないよ。」と怒りを通り越して疲労困ぱいのご様子。

がっくりと疲れ切ったお背中を見ながら、「メーカーさんもお店の人も
話が分かってないならばなぜ正直に早めにそう伝えて確認
できなかったのかなぁと」考えました。


外国人のネットワークは強力な口コミの世界です。
この量販店とパソコンメーカーさんが将来のビジネスを彼の関係者
から得ることは非常に難しいことは言うまでもないですよね057.gif



外国人とのつきあいでは、「あいまいは禁止」です。
分からないことは(嫌なことも)、正直に顔と体を使ってでも表現しましょう066.gif!
by lohas_k | 2010-07-29 20:06 | 伝わる英語のコツ